信貴黎香の想い

文字が生まれてから三千三百年が経ち、様々な変化を経て、継承され、今私たちその文字を知り、書くことができています。

文字は、もともと神様の言葉を聞く手段でした。

日本にも古来から『言霊』という言葉が持つ不思議な霊力があります。

その言葉を『書く』という人間のみが備えた特別な能力は、言霊の力をお借りしながら、文字の生命を生かし続けることです。

私は、その言霊の力をお借りして書いた書には『書霊』が宿ると思って書いております。

文明が発達して、文字が「書く」ことより「打つ」ことが増えていますが、 パソコンの文字にはない手書き文字ならではの躍動や、手書き文字に宿る魂の温かみを、書作品を通じて感じ頂ければ嬉しいです。

書で「変化」と「感動」を。

  • 【プロフィール】
    4歳から書道を始める
    20歳から指導に関わる
    毛筆、ペン字、仮名文字、水墨画、古典臨書にて師範免許取得
    現在、奈良當麻寺宗胤院宮下寛昇に師事

    日本現代作家展2017inイタリアで市長奨励賞
    第19回スペインバルセロナ国際サロンで銅賞
  • 【主な活動】
    ・書道教室
    ・福祉施設書道講師
    ・書作品創作
    ・筆文字ロゴデザイン
    ・筆耕
    ・名前をきれいに書こうセミナー
    ・書道体験イベント
    ・大筆パフォーマンス
  • 【特徴】
    ・書の基本を学んだ上でのデザイン制作です
    ・言霊を信じ、その力をお借りしながら書き上げます
    ・書く際には、周波数や祝詞を聴きながら書き上げます
    ・作品に応じた色んな書体に対応致します